滋賀の任意売却 How to ガイド > 任意売却とは? > 住宅ローンを滞納したときの対処法・相談先

住宅ローンを滞納したときの対処法・相談先

公開日: |更新日:

住宅ローンの滞納の対応

住宅ローンの支払いが滞り、何とかしなければと思ったとき、どのような対応が可能でしょうか? 住宅ローンが払えない原因についてはじめに考えます。住宅ローンが払えない原因がそれほど重篤でなく、将来的に住宅ローンの返済の目途が立つならば、支払方法の変更も可能だからです。

ここでは、住宅ローンの滞納後の対処法や滞納後にやっててはいけないことについて、詳しく説明しています。

住宅ローンが払えない原因

住宅ローンを滞納してしまうケースでは、以下の原因が多いようです。

住宅ローンを滞納した場合にとるべき対処法

住宅ローンを滞納した場合にとるべき対処法は、大きく3つが考えられます。いずれにしても、任意売却の専門家に相談することで最適な住宅ローンの清算の方法が見つかるでしょう。

リバースモーゲージを利用する

リバースモーゲージは、住宅や土地を担保にお金を借りる制度のことです。住宅や土地の所有者が死亡すると借金を返す仕組みであるため、実質的に金利のみでの支払いが可能。不動産評価額の50%~70%のお金を借りることができるため、老後資金の不足に活用されています。

ただし、リバースモーゲージを活用することになっても、住宅ローンの支払いは残ります。そのため、不動産を担保にお金を借りたあとも、その資金で住宅ローンの返済にも充てているケースは少なくありません。

リバースモーゲージを活用し、死後に不動産をもとに借金を返すことによって、借金を子や孫に引き継がずに住宅ローンの滞納を解消することができるでしょう。

滞納後にやってはいけないこと

住宅ローン滞納後に、何もしなければ事態は一層深刻になってしまいます。住宅ローン滞納の悩みは、他人に話しにくいことではありますが、身内だけでは解決できる見込みは立ちません。そして、身内だけで抱え込んでいては時間だけが過ぎてしまい、住宅ローン滞納を解決できる方法を時間の経過とともに狭めてしまいます。

滞納後にやるべきは、住宅ローン滞納の専門家に相談することです。住宅ローンを借りて家を建てる・購入している場合、滞納していると最後は競売にかけられます。専門家に早めに相談することで、よりよい解決法が見つかるでしょう。国の機関の法テラスや多くの任意売却相談所では無料で相談に対応しているのでそちらを利用するのがベターです。

住宅ローン滞納の専門家は、相談者に最適な方法で、住宅ローンなどの債務整理を行います。どの専門家に相談したらよいのか分からない場合でも、法テラスなどの公的機関を活用することが解決への近道です。はじめに相談することは勇気がいりますが、相談後には肩の荷がおりることでしょう。住宅ローンの返済が難しいと感じたら、決して身内だけで抱え込まずに司法書士や弁護士等の専門家に相談することが大切です。

絶対にやってはいけないことは、新たに借り入れをしたり、夜逃げをしたりすることです。滞納という事実から目を背けていても問題は何も解決しません。むしろ状況が悪化することになりかねないので、早急に解決することをおすすめします。

2022年の税制変更に伴う住宅ローン制度改正について

2021年末に今までの住宅ローン控除制度が一旦終了します。しかし、この住宅ローン控除制度は4年間延長され、変更を伴い、2025年まで適用されます。新築・中古住宅ともに控除率が1%から0.7%に引き下げられます。低金利の時代に合わせた制度になるように改正されます。

住宅ローン控除の期間は、新築住宅・買取再販の場合は13年に延長され、中古住宅の場合は10年です。借入上限額については、環境性能に合わせた住宅の借入限度額が設けられました。2024年以降に新築住宅においても借入限度額が引き下げられる予定です。

住宅ローン控除は2022年の税制改正で住宅ローン控除は変わります。マイホームの購入のために住宅ローンの借り方は、全期間固定金利を選ぶ人、団体信用生命保険の保障を厚くする人、保証料を金利上乗せで支払う人も増えるといわれています。

返済が難しいなら競売にかけられる前に任意売却を検討しよう

住宅ローンの滞納をしたときは、何も手をうたないと裁判所の競売にかけられてしまいます。ただ、住宅ローン滞納の原因によっては保険が活用できるほか、金融機関と債務の返済計画の変更が可能なケースも。

まずは、住宅ローン滞納の専門家に相談して、適切な方法で債務の返済の方法を考えましょう。そして、住宅を手放さなければならないならば、裁判所の競売より負担を少なくできる任意売却を検討するのがおすすめです。

滋賀で任意売却の相談をするなら
状況別に選べるおすすめ3選

滋賀で任意売却の無料相談ができる
3つのおすすめ相談先
任意売却の相談先を選ぶ際、任意売却後も現在の家に住み続けたいのならばリースバックを得意とする地元の不動産会社、遠くへ引っ越したいのなら全国展開をしている社団法人への相談がおすすめです。また、すでに競売で落札されてしまった状況ならば、地元滋賀の弁護士へ相談すべきでしょう。
まずは滋賀県内にある任意売却の依頼先の中から、2021年4月時点で無料相談を受け付けており、なおかつそれぞれの希望・状況に合うおすすめの1社を紹介します。
POINT01
任意売却の後も
今の家に住み続けたい
任意売却無料相談窓口

滋賀で任意売却を専門に扱う不動産会社が運営する相談窓口です。地元企業ならではのスピード対応とリースバックへの取り組みを強みに、2021年4月時点で任意売却を20年以上扱ってきた実績があります。

相談方法:電話、LINE、相談フォーム

公式サイトから
任意売却の事例を見る

POINT02
任意売却の後は
遠くへ引っ越したい
全任協

任意売却が必要となった場合に専門家へ無料相談ができ、問題の解決に向けたアドバイスや救済措置をしてくれる、全国対応の非営利団体です。投資失敗による債務問題や不動産トラブルの相談も積極的に受け付けています。

相談方法:電話、LINE、メール

公式サイトから
任意売却の事例を見る

POINT03
【番外】
競売の落札通知が届いた
滋賀総合法律事務所

競売が開始・落札された状況ごとに対処方法が異なるため、オリジナルの解決策を提案し、問題解決に当たることをモットーとしている法律事務所です。他の法律事務所に相談しても解決しなかった案件も積極的に対応しています。

相談方法:電話

公式サイトから
任意売却の事例を見る

※任意売却の後も今の家に住み続けたい:滋賀に拠点を置く任意売却専門の不動産会社の中で唯一、任意売却の無料相談を行っており、尚且つ公式HPにリースバックの記載・事例掲載のあるものを選出。
※任意売却の後は遠くへ引っ越したい:掲載する社団法人の中で任意売却の無料相談を行っており、尚且つ全国規模で対応しているものを選出。
※競売の落札通知が届いた:任意売却関連の無料相談ができる弁護士事務所を選出。

3選 滋賀でおすすめの
任意売却の無料相談先
詳しくはこちら