滋賀の任意売却 How to ガイド > 任意売却とは? > 競売と任意売却の違いは?

競売と任意売却の違いは?

公開日: |更新日:

競売と任意売却の違いを項目別にご紹介

競売とは、不動産が強制的に売却される手続きです。借入先の金融会社が、抵当権に基づいて裁判所に申し立てを行います。一方、任意売却とは自分のタイミングで不動産会社に仲介を依頼、市場にて不動産を売却するというものです。借入先の金融機関の許可を得なければ、行うことが出来ません。

では、具体的な違いについて項目ごとに説明していきます。

競売 任意売却
売却金額 市場価格の7割前後 市場価格に近い金額
引っ越し日 自由に選べない 購入者などと協議の上設定できる
引っ越し費用 費用は出ない 売却代金から 30万円程度が出る ケースもある
プライバシー 新聞やネット上に情報が公開される執行官が家に来る、
入札を検討する不動産会社が来るなど
周囲に知られる可能性がある
事情を知られずに売却可能
ローン残債の返済 一括返済を求められる 分割払いができる可能性がある

このように、任意売却は自分の意志で売却できるのに対し、競売は強制的に売却となるため自分の意志は関係なく、その上、落札価格(売却価格)が低めになってしまうという違いがあります。

競売のメリット・デメリット

メリット1:手間がかからない

競売が決まれば裁判所と債権者がすべて手続きを行うため、手間はかかりません。

メリット2:周囲に知られてしまう

裁判所の執行官が家の様子を見に来る、不動産会社が近隣をうろうろする、物件情報が公開されてしまうなど、競売になったことを周囲に知られてしまう可能性が高く、プライバシーが守られません。

デメリット1:売却額が低くなる

任意売却よりも売却金額が低くなってしまうため、残債が多く残ってしまいます。また、残債が一括返済になる可能性も高くなります。

デメリット2:自分の都合で売却できない

競売は売却金額や引き渡し日など、すべて決められてしまうため、自分のタイミングで売却を進められません。

任意売却のメリット・デメリット

メリット1:プライバシーを守れる

不動産市場で売却するため、プライバシーを守ることが出来ます。

メリット2:自宅に住み続けられる可能性がある

親戚に買い取ってもらう、リースバックをして賃貸借契約をすることで、売却後も自宅に住み続けられる可能性があります。

メリット3:残債を分割払いできる可能性がある

自宅を売却した後に残った債務について、分割払いに応じてもらえる可能性があります。残債がきちんと支払えるのであれば、自己破産をせずに解決することもできます。

メリット4:競売より高く売れる

市場価格に近い価格で売却できるため、競売より高く売ることが出来ます。

デメリット1:手間がかかる

任意売却は自分が売り主となって手続きを進めなければいけないため、手間がかかります。

デメリット2:必ず希望通り売却できるとは限らない

残債と市場価格の差が大きければ金融機関から任意売却の許可が出ない場合もあります。また、設定価格を高額に設定すると買い手が見つからない可能性があります。

デメリット3:任意売却には期限がある

任意売却は、競売の入札締め切り日2日前(競売開札期日)までが期限となっています。競売開札の前日までに任意売却できなければ、競売での売却となってしまいます。

最終的に自己破産したくないなら任意売却の検討を

任意売却は自分の意志で売却を決定でき、競売よりも残債を減らせる、自己破産を避けられる可能性があるといったメリットがあります。自己破産をしたくないなら、任意売却を検討すると良いでしょう。任意売却をするなら半年以上時間がかかる場合もありますので、悩んだら早めに相談するようにしたいですね。

一方、最終的に自己破産をしても良い、住宅ローン以外にも借金があり返済が困難である、任意売却でも売れそうにないという場合は、競売に委ねるという選択もアリです。

滋賀で任意売却の相談をするなら
状況で選ぶおすすめ3選

滋賀で任意売却の無料相談ができる
3つのおすすめ相談先
任意売却の相談先を選ぶ際、任意売却後も現在の家に住み続けたいのならばリースバックを得意とする地元の不動産会社、遠くへ引っ越したいのなら全国展開をしている社団法人への相談がおすすめです。また、すでに競売で落札されてしまった状況ならば、地元滋賀の弁護士へ相談すべきでしょう。
まずは滋賀県内にある任意売却の依頼先の中から、2021年4月時点で無料相談を受け付けており、なおかつそれぞれの希望・状況に合うおすすめの1社を紹介します。
POINT01
任意売却の後も
今の家に住み続けたい
任意売却無料相談窓口

滋賀で任意売却を専門に扱う不動産会社が運営する相談窓口です。地元企業ならではのスピード対応とリースバックへの取り組みを強みに、2021年4月時点で任意売却を20年以上扱ってきた実績があります。

相談方法:電話、LINE、相談フォーム

公式サイトから
任意売却の事例を見る

POINT02
任意売却の後は
遠くへ引っ越したい
全任協

任意売却が必要となった場合に専門家へ無料相談ができ、問題の解決に向けたアドバイスや救済措置をしてくれる、全国対応の非営利団体です。投資失敗による債務問題や不動産トラブルの相談も積極的に受け付けています。

相談方法:電話、LINE、メール

公式サイトから
任意売却の事例を見る

POINT03
【番外】
競売の落札通知が届いた
滋賀総合法律事務所

競売が開始・落札された状況ごとに対処方法が異なるため、オリジナルの解決策を提案し、問題解決に当たることをモットーとしている法律事務所です。他の法律事務所に相談しても解決しなかった案件も積極的に対応しています。

相談方法:電話

公式サイトから
任意売却の事例を見る

※任意売却の後も今の家に住み続けたい:滋賀に拠点を置く任意売却専門の不動産会社の中で唯一、任意売却の無料相談を行っており、尚且つ公式HPにリースバックの記載・事例掲載のあるものを選出。
※任意売却の後は遠くへ引っ越したい:掲載する社団法人の中で任意売却の無料相談を行っており、尚且つ全国規模で対応しているものを選出。
※競売の落札通知が届いた:任意売却関連の無料相談ができる弁護士事務所を選出。

3選 滋賀でおすすめの
任意売却の無料相談先
詳しくはこちら