滋賀の任意売却 How to ガイド > 段階別にみる任意売却の対応方法 > 住宅ローンの返済がつらくなってきた(滞納前)

住宅ローンの返済がつらくなってきた(滞納前)

公開日: |更新日:

住宅ローンの返済が負担になってきたときにできる対策とは

住宅ローンの返済が負担になったとき、そのまま放置すると最終的に競売となり、高額なローン残債を抱えたまま家を手放す可能性があります。

返済が負担になってきたときは、まず家計の見直しをしましょう。保険料や光熱費などの支出を減らすことで、余裕が出来る場合があります。

あとは、リスケの検討をしましょう。リスケとはリスケジュールのことで、返済条件の変更を意味します。一時的な返済猶予や毎月の返済額の見直しについて金融機関に相談することで、返済負担を減らすことができます。

実際に滞納が発生するとどうなる?

実際に滞納が発生すると、1ヶ月程度で督促状が届きます。他にも、「来店依頼」や「ご連絡」という形で金融機関から書類が届く場合もあります。督促状が届いても放置していると、法的手続きへの移行を示唆する催告書が届きます。

催告書は金融機関からの最後通知となり、期日までに支払えなければ競売手続きに移行してしまいます。 競売手続きが開始されるのは、滞納後9か月が目安です。

しかし、催告書が届いた後にしばらくたって突然競売開始決定通知が届くことも珍しくありません。催告書が届いてしまうと自分で出来る対策が限られてしまうため、その前に金融機関に相談するなど動き始めることが大切です。

競売にならないために、今取り組めること

家計を見直す

住宅ローンの返済をするにあたり、毎月の支出の中で無駄なものがないか、削減できるものはないかをチェックします。

特に、毎月の支払額が一定の固定費を見直すことは大切です。 電気代を新電力に変える、携帯料金を格安スマホに変える、保険の内容を見直すことで、即効性のある削減効果が期待できます。

住宅ローン支払いについて相談をする

返済が苦しくなったら、金融機関に連絡して今後の支払いについてきちんと相談をしましょう。

金融機関に支払い相談をする中で、返済期間の延長、返済猶予、ボーナス払いの見直し、金利タイプ変更などのリスケが出来る場合があります。

任意売却をする

任意売却とは、金融機関の了承を得て不動産を売却するもので、売却代金でローン残債を支払います。任意売却をすると市場価格に近い価格で売却できるため、ローン残債を減らすことができます。

任意売却で得たお金から引っ越し代金などの諸経費が支払える、競売と違い個人情報を出さずにプライバシーを守ったまま売却活動ができるのもメリットです。

住宅ローン滞納に困ったら誰に相談するべき?

住宅ローンの滞納が続き、督促状が届くまでになると焦ってしまいがちですが、まずは専門家に相談をして対策を打ちましょう。

銀行などの金融機関

そもそも住宅ローンを組んでいる金融機関に一度相談するというのは一つの手です。返済期間の延長や一時停止といった措置を行ってもらえる可能性があります。とはいえ、督促状が届いている状況だと対応が難しい場合もありますし、返済期間を延長することは総支払額を増やすことにもなるため注意が必要です。

弁護士

借金相談・債務整理に対応している弁護士を頼ることもできます。特に督促状が届いている状況であれば、個人再生などの方法で対応してもらえることがあります。任意売却など、幅広い解決策を有しているのが特徴です。

任意売却・リースバックに対応している不動産会社

住宅ローン滞納で困った場合の対応として、任意売却・リースバックを検討することができます。特にリースバックであれば、今の家に住み続けるという選択肢をとることができるのが特徴です。

滋賀で任意売却の相談をするなら
状況で選ぶおすすめ3選

滋賀で任意売却の無料相談ができる
3つのおすすめ相談先
任意売却の相談先を選ぶ際、任意売却後も現在の家に住み続けたいのならばリースバックを得意とする地元の不動産会社、遠くへ引っ越したいのなら全国展開をしている社団法人への相談がおすすめです。また、すでに競売で落札されてしまった状況ならば、地元滋賀の弁護士へ相談すべきでしょう。
まずは滋賀県内にある任意売却の依頼先の中から、2021年4月時点で無料相談を受け付けており、なおかつそれぞれの希望・状況に合うおすすめの1社を紹介します。
POINT01
任意売却の後も
今の家に住み続けたい
任意売却無料相談窓口

滋賀で任意売却を専門に扱う不動産会社が運営する相談窓口です。地元企業ならではのスピード対応とリースバックへの取り組みを強みに、2021年4月時点で任意売却を20年以上扱ってきた実績があります。

相談方法:電話、LINE、相談フォーム

公式サイトから
任意売却の事例を見る

POINT02
任意売却の後は
遠くへ引っ越したい
全任協

任意売却が必要となった場合に専門家へ無料相談ができ、問題の解決に向けたアドバイスや救済措置をしてくれる、全国対応の非営利団体です。投資失敗による債務問題や不動産トラブルの相談も積極的に受け付けています。

相談方法:電話、LINE、メール

公式サイトから
任意売却の事例を見る

POINT03
【番外】
競売の落札通知が届いた
滋賀総合法律事務所

競売が開始・落札された状況ごとに対処方法が異なるため、オリジナルの解決策を提案し、問題解決に当たることをモットーとしている法律事務所です。他の法律事務所に相談しても解決しなかった案件も積極的に対応しています。

相談方法:電話

公式サイトから
任意売却の事例を見る

※任意売却の後も今の家に住み続けたい:滋賀に拠点を置く任意売却専門の不動産会社の中で唯一、任意売却の無料相談を行っており、尚且つ公式HPにリースバックの記載・事例掲載のあるものを選出。
※任意売却の後は遠くへ引っ越したい:掲載する社団法人の中で任意売却の無料相談を行っており、尚且つ全国規模で対応しているものを選出。
※競売の落札通知が届いた:任意売却関連の無料相談ができる弁護士事務所を選出。

3選 滋賀でおすすめの
任意売却の無料相談先
詳しくはこちら