滋賀の任意売却 How to ガイド > 任意売却とは? > 督促状と催告書の違い

督促状と催告書の違い

公開日: |更新日:

督促状と催告書の違い

督促と催告という言葉は同じ意味を持っているものの、督促状と催告書では「届くタイミング」や「支払わなかった場合の措置」が異なります。

まず、支払いが遅れた場合に督促状が届き、それでも支払いを行わずに無視し続けると催告書が届きます。しかも催告書は内容証明郵便で届くため、「催告書を受け取った記憶がない」などと言い訳することは不可能。内容証明郵便は「どのような内容を誰が誰あてにいつ出したのか」を郵便局が公的に証明してくれるため、言い逃れはできない状況なのです。

催告書には支払われなかった場合の措置が記載されおり、支払わないと法的手段をとられてしまう可能性が高くなります。

督促状とは

督促状(とくそくじょう)とは、支払われていない分の返済を促す手紙です。督促には急かす・促すといった意味があり、債権者(金融機関)が債務者に対して「未納になっている支払いをして下さいね」と伝えるもの。
督促状には本来の支払日や額のほか、今回の請求金額や支払い方法、支払期限などが示されています。いつまでにいくらをどんな方法で支払えばよいか明記してあるため、支払える場合は期限内に定められた方法で支払いを済ませましょう。

督促状はいつ届く?

督促状は、支払いが遅れてすぐに届くわけではありません。督促状が届く前には「再度のお知らせ」などの通知が届き、延滞と支払い請求が知らされます。それでも支払わない場合、延滞開始から3~4ヵ月ほど後(または延滞2回以上)に督促状が届くことが多いようです。

督促状が届いたらどうする?注意点は?

心当たりがある場合でも、その督促状が架空請求のものでないかを確認しましょう。 督促状は請求書に近い意味をもつ文書のため、記載されている期限内に支払いを行えば問題ありません。
ただ、督促状が届いても支払いが困難な場合もあるでしょう。その場合でも無視はせず、誠実に対応することが大切です。金融機関(債権者)に支払えていない理由を話し、対処法を仰ぎしょう。場合によっては分割払いや支払期限の猶予を設けてくれることもあります。

催告書とは

催告とは督促と同じ意味合いを持っていますが、催告書(さいこくしょ)は督促状よりも後の段階で送られてきます。督促状を送っても支払いが行われない場合に催告書が届き、支払うべき金額や期限、支払い方法などが記載されています。

しかし催促状は最終通告ともいえるため、「差し押さえ等の法的手段を講じる」という強い文面があり、無視し続けていると法的手段をとられる可能性が高まります。催告書を受け取ってから金融機関から連絡が途絶えたな…と安心していると、突然資産の差し押さえや競売申し立てのお知らせが来てしまいます。

催告書が届いたらどうする?注意点は?

催告書は内容証明郵便で届く・最終通告として扱われることが多いといった理由から、催告書が届いたら速やかに支払いを済ませる必要があります。
催告書が届いても支払いが困難である場合、金融機関(債権者)に相談するか弁護士に相談しましょう。ただ、催告書は督促状を無視し続けた結果送られてくることがほとんど。そのため、支払いが遅れた段階から金融機関(債権者)に誠実に対応するべきです。

催促状とは

催促状(さいそくじょう)は催促書と同様であり、無視していると法的措置をとられてしまいます。
住宅ローンなどの金融機関では、督促状から催告書へと移行するケースが多いようです。ただし大切なのは文章内容のため、いつまでにどのように支払えばよいのか、支払わなかった場合にはどうなるのかなどの記載をしっかり確認しましょう。

滋賀で任意売却の相談をするなら
状況別に選べるおすすめ3選

滋賀で任意売却の無料相談ができる
3つのおすすめ相談先
任意売却の相談先を選ぶ際、任意売却後も現在の家に住み続けたいのならばリースバックを得意とする地元の不動産会社、遠くへ引っ越したいのなら全国展開をしている社団法人への相談がおすすめです。また、すでに競売で落札されてしまった状況ならば、地元滋賀の弁護士へ相談すべきでしょう。
まずは滋賀県内にある任意売却の依頼先の中から、2021年4月時点で無料相談を受け付けており、なおかつそれぞれの希望・状況に合うおすすめの1社を紹介します。
POINT01
任意売却の後も
今の家に住み続けたい
任意売却無料相談窓口

滋賀で任意売却を専門に扱う不動産会社が運営する相談窓口です。地元企業ならではのスピード対応とリースバックへの取り組みを強みに、2021年4月時点で任意売却を20年以上扱ってきた実績があります。

相談方法:電話、LINE、相談フォーム

公式サイトから
任意売却の事例を見る

POINT02
任意売却の後は
遠くへ引っ越したい
全任協

任意売却が必要となった場合に専門家へ無料相談ができ、問題の解決に向けたアドバイスや救済措置をしてくれる、全国対応の非営利団体です。投資失敗による債務問題や不動産トラブルの相談も積極的に受け付けています。

相談方法:電話、LINE、メール

公式サイトから
任意売却の事例を見る

POINT03
【番外】
競売の落札通知が届いた
滋賀総合法律事務所

競売が開始・落札された状況ごとに対処方法が異なるため、オリジナルの解決策を提案し、問題解決に当たることをモットーとしている法律事務所です。他の法律事務所に相談しても解決しなかった案件も積極的に対応しています。

相談方法:電話

公式サイトから
任意売却の事例を見る

※任意売却の後も今の家に住み続けたい:滋賀に拠点を置く任意売却専門の不動産会社の中で唯一、任意売却の無料相談を行っており、尚且つ公式HPにリースバックの記載・事例掲載のあるものを選出。
※任意売却の後は遠くへ引っ越したい:掲載する社団法人の中で任意売却の無料相談を行っており、尚且つ全国規模で対応しているものを選出。
※競売の落札通知が届いた:任意売却関連の無料相談ができる弁護士事務所を選出。

3選 滋賀でおすすめの
任意売却の無料相談先
詳しくはこちら